トップページ | ショップ | お問い合わせ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SLAM presents KICKS 16

2013/09/13 15:44

再入荷致しました!
※画像クリックで商品ページにジャンプします。






今号も様々な特集記事に加え、これから発売されるNEWモデル400足以上を一挙に掲載。:)












また、ナイキの広告として KD VI のカード・シートが綴じ込まれています♪


関連記事
スポンサーサイト

SOLE COLLECTOR Issue 44

2013/09/13 15:55

ソールコレクターの最新号が入荷しました!
※画像クリックで商品ページにジャンプします。






今号は "THE LOW-TOP ISSUE" と銘打たれたローカット特集号。






ミッドカットだったKD5を経て、再度ローカットに戻ったデュラントの最新シグニチャーKD6の特集など、
ローカット・シューズに関する記事が満載。






主要ブランドの歴代ローカット・バスケットボールシューズを発売順に並べたキックショナリーは
見応えたっぷりです♪
※キックショナリー:キックスとディクショナリー(辞書)を組み合わせたソールコレクターの造語。


関連記事

NIKE HYPERDUNK 2013

2013/09/25 17:24

お取り寄せさせて頂いたカイリー・アービングのハイパーダンク2013が続々、到着中です♪






2013年のハイパーダンク発表時の宣材写真で、
アービングのロゴが入ったタンがチラ見せされていましたが(画像左下参照)、
あれはこのカラーのタンだったようですね。:)
newinbox blog
ナイキ、ベテランデザイナー ピーター・フォグを起用した2013年のハイパーダンクを発表!

05_20_2013_R4_20051.jpg





「なんで、アービングなのにこんなカラーなの?」と思われる方が多いと思いますが、
このカラーは、アービングの過去と未来がテーマとなっており、
ここで使われている、「ティール(緑がかった青)」と「ヴォルト」は、
彼が生まれた国であるオーストラリアのバスケットボール代表チームのカラー、
「緑」と「黄色」が昇華した色ということなんだそうです。
NIKE, Inc.
Kyrie Irving Hyperdunk 2013: Reflecting his Past and Future

KI_HYPERDUNK_DET1_large.jpg



そう言えば、アービングがオーストラリア代表になるだの、ならないだのという話が昔ありましたよね。
僕はこの記事を書くまで、アービングがオーストラリア生まれだということをすっかり忘れていました。
「アービングはオーストラリア出身。」 もうこれで忘れません(笑)
関連記事

AIR JORDAN 3LAB5

2013/09/26 22:58

話題のエアジョーダン3LAB5 、税込49,980円(送料無料)でお取り寄せ承っております♪
※画像クリックで商品ページにジャンプします。

AIR JORDAN 3LAB5
599581 007
CEMENT GREY/GAMMMA BLUE-BLACK




関連記事

NIKE FREE TRAINER 5.0 LIVESTRONG

2013/09/27 11:34

お取り寄せさせて頂いたリブストロングのフリートレーナー5.0です。





黒、ピンク、黄色という、なかなかに派手なカラーリング♪
でも、その派手なカラーリングよりも、
「ナイキが今もまだリブストロングの商品を出していることに驚いた」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

何を隠そう僕もその1人(笑)
このカラーのことはご依頼を頂いて初めて知ったので、
「えっ?ナイキって、まだリブストロングやってたん!?」ってびっくりしちゃいました。:)

で、気になったので、
ナイキが今年の1月に出していたランス・アームストロングに関する声明分を読んでみると、
そこにはこう書かれていました。
NIKE, Inc.
Nike Statement on Lance Armstrong January 17, 2013

Nike plans to continue support of the Livestrong initiatives created to unite,
inspire and empower people affected by cancer.

ナイキは、ガンに冒された人々が団結するために作られ、
彼らを鼓舞し、力付けるリブストロングへの支援は続ける予定です。


そうだったんですね〜。
「リブストロング=ランス・アームストロング」という印象があったので、
ランス・アームストロングとの契約が打ち切られた時点でリブストロングとのコラボも終わったものだと
勝手に思い込んでいました。


ちなみに、この声明文には書かれていませんが、
アームストロングはあの処分が下された後に、リブストロング基金の代表を辞任しているそうです。
ですので、今はもう「リブストロングへの支援=アームストロングへの支援」ではないということ。

社会貢献活動の一環として、
ドーンベッカーやN7と同じく、このコラボも続けていくんだと思われます。:)

関連記事

 

コメント

カテゴリー

newinbox is on


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。