トップページ | ショップ | お問い合わせ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアジョーダン5 DBがドーンベッカー・フリースタイル・コレクションとは関係なく、単体で発表された理由

2013/10/23 19:31

お取り寄せさせて頂いたジョーダン5 DB です。:)





ドーンベッカー・シリーズは、「フリースタイル・コレクション」として、
ドーンベッカー小児病院の子供達がデザインした様々なカテゴリーのシューズが複数まとめて発表されるのが通常となっていますが、
この5はなぜか、そのコレクションとは関係なく1足だけで発表されましたよね。

実はこの5、元々は2012年のコレクションで発表される予定だったものなんだそうです。
この時↓ですね。
NIKE, Inc.
Nike, OHSU unveil 2012 Doernbecher Freestyle Collection
doernbecher_group_2_large.jpg



では、なぜ、この5は、2012年のコレクションで発表されず、ほぼ1年も遅れて1足だけで発表されたのか?
それは、こんな事情があったからでした。
NIKE, Inc.
Nike, Jordan and OHSU Doernbecher Children's Hospital Pay Tribute to Isaac Arzate
AJ5_White_3Qtr_Pair_large.jpg



この5のデザインを担当したのは、12歳の少年アイザック君。
彼は、2012年の1月、
バスケットボールの練習中に心臓発作を起こし、ドーンベッカー小児病院に入院することになります。

心臓を切り開いて行うという大きな手術を乗り越えたアイザック君はフリースタイル・プログラムに招かれ、
リハビリの合間に、2012年のコレクションで発表される、このジョーダン5のスケッチを行っていました。
その後、所属するバスケットボール・チームの試合をユニフォームを着てベンチから観戦するまでに回復していたアイザック君ですが、
2012年の4月、2度目の心臓発作を起こして他界。

デザインが完成していなかった彼のジョーダン5は2012年のコレクションに間に合うはずもなく、
一旦、お蔵入りとなってしまいました。


しかし、アイザック君の情熱と気持ちを無にしないために、
ナイキとドーンベッカー小児病院は、彼のデザインを一緒に完成させるため彼の家族を招いたんだそうです。
そして、彼が遺したスケッチ、彼の死後に両親が見つけたものなどを使い、
アイザック君の夢を反映し、
彼の人生において重要だったものを表す要素を組み込んだデザインを完成させました。

それが、今回、コレクションとは関係なく、たった1足だけで発表されたこのジョーダン5 DBというわけですね。







長くなりましたので、今回はこの辺で。:)
実は、有難いことに、
今回写真を撮らせて頂いた個体の他にも、このジョーダン5 DBをお取り寄せさせて頂いているんです。

そちらのお客様にも写真を使って構わないと言って頂いておりますので、
次回はまた別の個体の写真を紹介させて頂きます♪

関連記事

COMMENT

Name
Comment
Secret? (管理者にだけ表示)
お久しぶりです。

なるほど、そのような事情での単体リリースだったのですね。
背景を詳しく知ると切ない気分になります……が、購入したことにより自分もチャリティーに協力できたとも考えられて、購入して良かったとさらに思えるようになりました。

素晴らしい記事、ありがとうございました。
  • カーター#-
  • URL
  • 2013.10.25(Fri)
  • Edit

 

コメント

カテゴリー

newinbox is on


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。