トップページ | ショップ | お問い合わせ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

81得点を称えるコービー1のプレリュード♪ テーマは現実を無視した世界を描くアートムーブメント ”シュールリアリズム”!

2014/02/12 23:26

お取り寄せさせて頂いたコービー1のプレリュードです♪





このコービー1を含めた全8種からなる今回のこのプレリュード・パックは、
コービーのキャリアにおける8つのハイライト(Defining Moments)と8つのアートムーブメント(芸術運動)をテーマに、
今までの8つのシグニチャーを造り直すというもの。
コービー9発売までのカウントダウンとして、1から順に12月7日から1週間おきに発売されました。


そして、今回お取り寄せさせて頂いたこちらのコービー1のテーマとなったのが・・・
”81得点”と”シュールリアリズム” (Surrealism)。

Nike Basketball | Facebook
The Kobe Prelude I

NIKE_ZOOM_KOBE_I_PRELUDE_02122014_6.jpg


と言われても、今までクツとバスケのことばかり考えて生きてきた僕らには、
”シュールリアリズム”なんて言葉とは接点がなく、その意味が全く分かりませんよねw

”シュールリアリズム”? なんじゃそりゃ??
バスケでの偉業とアートムーブメントを関連付けるなんて、ナイキとコービーは一体どういうつもりなんでしょう???

ということで、”シュールリアリズム”とやらを半笑いでウィキってやりました。
Wikipedia
シュルレアリスム

現実を無視した世界を絵画や文学で描く芸術運動で、まるで夢の中を覘いているような独特の現実感と評される。
略語の「シュール」は日本語では「非現実的」「現実離れ」の意味によく使われる。


!!!!!
こっ、これは・・・
81得点はまさしく「非現実的」「現実離れ」した偉業。
あの試合を見た僕らが抱いた感覚もまさしく「まるで夢の中を覘いているような独特の現実感」でした。
そして、さしずめ、それをやってのけたコービーはシュールリアリズムの芸術家「シュルレアリスト」と言ったところでしょうか。

バスケとは全く関係がなさそうなアートムーブメントに、こんなにあの81得点にぴったりなものがあったとは・・・
いやはや恐れ入りました。









12月8日の復帰戦に選ばれたシューズもこのコービー1 プレリュードでしたね。

NIKE_ZOOM_KOBE_I_PRELUDE_02122014_3.jpg



NIKE_ZOOM_KOBE_I_PRELUDE_02122014_4.jpg



NIKE_ZOOM_KOBE_I_PRELUDE_02122014_5.jpg








ちなみに、こちらはあの81得点をまとめたナイキ・ホンコンのCM。




このCMはいつ見てもかっこいいですね〜♪





コービー、81得点をありがとう。



関連記事

COMMENT

Name
Comment
Secret? (管理者にだけ表示)

 

コメント

カテゴリー

newinbox is on


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。